奈良県生駒市(近鉄白庭台駅)にある『生涯学習開発財団認定コーチ』の資格を持つ指導者による個人ピアノ教室"はせピアノ音楽教室"のブログです。連絡事項のお知らせ、レッスン風景、想いを綴っています。


S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
NewEntry
Category
Archives
Comment
Links
Profile
Recommend
Other
Mobile
qrcode
信頼
信頼について・・・よつばのクローバー


人と人とのつながりに、なくてはならない大切なもの、それは「信頼」です。信頼なしにはどんな人間関係もうまくいきません。
ピアノ指導者と生徒、も同じ。
信頼しあえる師弟関係は、良いものを生み出します。

勿論、無条件に信頼し合えることはありません。。お互い、努力することも必要かもしれません。

レッスンごとに、ピアノを通して一緒の時間を過ごす・・お互いに同じ方向に気持ちが向き、同じ方向に進む・・そして、例えば、発表会やコンクール、グレードなど何らかの形でこの信頼関係が実を結んだり(コンクールに入賞するということではありません)、喜びを分かち合ったり。また、レッスン中にするお話を通してお互いを知っていき、レッスンそのものが好きになり、先生を好きになり、生徒さんを好きになり・・というサイクルを繰り返すごとに信頼関係は深まっていくと思います。
そんな中、どこかしらに疑い・違和感を感じながら、レッスンを受けたり、逆にレッスンを行ったり・・という関係はお互いにどこかで無理が生じるものです。


指導者を全面的に信頼して下さる保護者の下にいる生徒さんや、年齢的にも生徒さん自身が自ら信頼を持ってくれる場合は、どんどん伸びていきます。
人間的に大きく、いい方向に伸びていくのです。そして、「ピアノ」がたくさんたくさんあるその子の魅力のひとつになります。これは、指導者として、何よりの喜びです。



師弟関係だけではありません。友人、親子、夫婦や恋人・・どんな関係だって信頼し合える間柄はとても強く、大きな力となり、大きく偉大なものを生み出します。


信頼の要素・・
地位や名誉をもって信頼する人もいます、生き方や考え方をもって信頼する人もいます、学歴や職業をもって信頼する人もいます。
「何をもって人を信頼するのか・・」この信頼の要素が近い方と、いい信頼関係=お互いに成長し合える関係、を結べるのかもしれません。

私にとって、信頼を築く上で大切な要素。それは、その人の生き方、考え方、そう、人間的魅力です。
今の世の中・・寂しいことですが、信頼関係を何かしら「もの」で結ぶ=契約と考えている人が多いように感じます。
信頼を結ぶとは、決して契約のようなものではなく、目には見えませんが大きく強く結ばれた心の絆なのではないでしょうか。

目に見えないものを形にするのは難しいことです。でもだからこそ、大きな力となるのです。そのためには努力も必要になると思います。

生徒さんとの心の絆をより強く、大きなものにしていけるよう、私自身も日々精進し、音楽的な部分だけでなく人間的に魅力あふれる人に近づきたいと思います。

              

 otonoha植物










日々のお稽古より comments(2)
ご紹介いただきました♪



昨日、私の理想とする大人の女性像であり、そして、マイコーチでもあります青木理恵コーチのホームページ『コーチングレッスン』
に、当教室をご紹介いただきましたひらめき
私がこの音の葉ピアノ教室を開業するに至った経緯が紹介されています。実はコーチングと、青木理恵コーチとの出会いから生まれた、想いの詰まったお教室なんです。

青木理恵コーチは、ピアノ教育界にコーチングの素晴らしさを伝えている第一人者の先生でもありますが、なんと言っても、キラキラと輝くオーラがあり、お上品で知的、そして優しさがあふれる素敵な女性です。

神戸の楽器店セミナーで初めてお会いしました。コーチングのよさは勿論、青木理恵コーチの生き方・人柄にどんどん惹かれていきました。そのとき、生まれて初めて、「コーチ」という職業の方にお目にかかりましたが、もし、他のコーチだったら・・私にとって「コーチ」のイメージは全然違ったのかもしれません・・。そう思うと、理恵コーチで本当に良かったハート

その後すぐにご連絡をして、体験コーチング→コーチングセッション開始、となりました。セッションを続けてかれこれ1年です。たくさんの想いをお話しました。
セッションは通常電話で行うのですが、不思議なもので、私を全面的に認めてくれているからなんでもお話できるんです。電話を切った後の、あの爽やかな充実感・高揚感はなんとも言えないものがあります。
今まで、こんな経験あったでしょうか。案外ないものですよね、全面的に、100%受け入れてもらえるというのは。
コーチングを受けると、自分に自信を持って、意欲的に毎日を過ごすことができる・・そんな印象です。

そんな私も、様々なことが変わっていきました。自分にとって何が大切か・・何を目標とするのか・・をじっくり考えることによって、自分自身が変わり、自然に環境も良い方向に変わっていきます。

「コーチングは人を承認する側に立つ」ということです。
人や物事を批判的に捉えるのではなく、いつも承認するのです。これって、自分の人生において、とても幸せなことだと思いませんか?


私にとって、コーチングに出会えたこと、そして青木理恵コーチに出会えたことは人生が劇的に変化した(もちろん良い方向によつばのクローバー)大きな出来事でした。

もし、コーチングにご興味のある方は、上にご紹介している『コーチングレッスン』へアクセスしてみてください。


                  yuko植物






日々のお稽古より comments(1)
訓練と楽しさ
訓練と楽しさの両立があって、指導はうまくいき、生徒もどんどん伸びる・・といった内容のことが、『21世紀へのチェルニー』山本美芽著 ショパン出版社に書かれていました。

感覚としてわかっていたものの、こうして、言葉で表されると、「ふむ。なるほど。そういうことなのよね」と体にこの感覚がしっくりと入ってきます。

本には、テニスのことが例とされ、「基礎だけを徹底して練習するほうが1年後は絶対うまくなっている。だけど、強い球を打つ爽快感も感じたい。楽しみたい。」とあります。ピアノの場合も、訓練だけ(ハノンやエチュードだけ)だと絶対に楽しくないし、楽しみだけ求めるのなら、先生につく必要はない。」
まさにその通りだと思います。ふたつのバランスがうまくいっているといい結果を生み出すのですよね。

好きなものに対する好奇心・欲求が体を集中状態にさせるという研究結果もあるようです。
私自身も、様々な音色を自分の指先から出したときのあのなんとも言えない充実感、幸福感が楽しみで、毎日毎日1音1音のタッチ練習・ハノン練習を欠かさず行います。
生徒さんが自分自身で音を紡ぎ出し、ピアノって楽しいなって思ってもらえることが私の幸せですが、その楽しみのために、同じ教材を私も先生から一から習ったり・・・(レベル的には易しいものになりますが、生徒さんの目線に立つことは大切だと考えています。新たな発見もありおもしろいです!)



訓練と楽しさの両立・・うまくバランスを取りながら、レッスンを行っていこうと思います。


                     yuko植物






日々のお稽古より comments(0)
広がる世界
今週末、東京へ行く予定をしています。

あるピティナステップの見学、そして、セミナーの受講、公開レッスンの見学です。今回は、友人宅とホテルと1泊ずつします。

東京へ行くのも、もう何度目でしょうか。お仕事も含め、100回は行ったかな。もっと?
思い返すと、小学生のとき(何年前!?)に家族旅行で行ったのが初めてでした。それからも、東京と言えば、ディズニーランドに行く!みたいな・・おはな私でした。親類もいなかったので子供の私にとってはあまりご縁がなかった場所でした。まさか、100回以上も行くとは・・モグモグ


自分で、世界を広げられる・・ということをはっきりと知ったのは、大学生、そして社会人になってからでした。インターネットの急速な普及もあってか、私の前に広がる世界は、どんどん大きく大きく広がっていきました。昔の私を知る友人は、それからの私を見て本当に驚きます。『そんなに行動派だったっけ?ひとりで、東京?海外?大丈夫?』みたいな。

でも、自分のやりたいこと、興味のあることは、自分の目で見て確かめたいし、自分自身で吸収したいと思います。そうなったら、行動するしかありません!飛行機で東京へ・・ほんとにあっという間です・・フライト時間なんて約40分ですから近い近い飛行機


たくさんある情報から必要なものを自分でピックアップできるようになったこと、自分が働いたお金で行動するようになったこと・・これがなによりの「ひとりで行動を起こす」ことができるようになったこと・・に繋がるのかもしれませんが、思い返すと・・・私は中学から電車で1時間くらいかけて通学していたので、ひとりで乗り物に乗ること、ひとりで行動すること、には何ら抵抗がありません(当たり前って思われるかもしれませんが、意外や意外、大人でもひとりで食事もできない方って多いらしいです)。もし、徒歩・自転車通学しかしていなかったら、今の自分にはなっていなかったかな・・・なんてちょっぴり思います。あのとき、世界を広げてくれた両親に感謝です。


広がる世界△悗弔鼎




日々のお稽古より comments(0)
教室の会報

教室の会報、音の葉通信Vol.3を発行しました。
ピアノの練習について、詳しく記載しています。なぜ他の習い事と違って自宅練習が必要なのか、年齢別の練習方法、親御様との関わり方など。

ただいま勉強中である、コーチング的な側面からも捉えて書いています。


次のレッスン時に受け取って頂けたらと思います。


日々のお稽古より comments(0)
2008年夏〜秋 レッスン風景
久々にアップします。
これだけあいていたので、皆様にはご心配をおかけ致しましたが、ずっと順調にレッスンは行っています(笑)

ブログ更新していなかった時期の教室の様子を簡単にご報告します。

夏は、各生徒ごと、コンクール、ステップ、また、秋10月のグレード対策に向けてそれぞれ取り組み始めました。

コンクール受験者は皆、なんらかの入賞を頂き、ステップも好成績、グレードも全員合格でした(通知が先日届きましたので次回お渡ししますね!)。それぞれに一生懸命に取り組んだ成果が出たと思います。

また、秋にはコーチングクラス、お母さま向けショートレッスンを始めました。内容や皆さんのご様子はまた今後少しずつお知らせして参ります。


この教室が生まれて約二年。来春、教室主催で初めての発表会を行います。少しずつ準備を行っています。いつもは楽器店、教室主宰の先生にお世話になりっぱなしだった準備。一からの手配は初めてです…。今までお世話になった先生方、スタッフの方々のご足労を身をもって体感しています。改めて感謝の気持ちでいっぱいになりながら、そちらで経験させていただいたことを自分らしく表現できるよう、想いを込めて会を作りたいと思っています。

一から手配して、どうすれば教室らしい発表会になるか、生徒さん親御さんに楽しんでもらえるか、を考えることは本当に楽しいものです。

曲目を決め、先週それぞれにお渡ししました。
一週間で半分以上見てきた生徒さんもいてビックリ!
これからが楽しみです♪


Yuko♪


日々のお稽古より comments(0)
ピアノれんしゅう日記帳


ピアノのお稽古は、お稽古とお稽古の間の自宅練習がとっても大切…それはみなさんご存知ですね。

実はコーチングも同じなんです。
セッションとセッションの間にいかにクライアントがたくさん考えて、たくさん行動を起こしたかが大切。


でも、実際、日常の忙しさに流されて、忘れてしまいがち。。。そして、。気がつくとお稽古の前日、またはセッション日の前日。。
やばい!!でも気を取り直し、「通して何回か弾いたら大丈夫よね。。」(ピアノ)
「とりあえずコーチからのホームワークには取り組んだし大丈夫よね」(コーチング)
…的になりがちです。。

どちらも、お稽古前日やセッション前日に集中して課題に取り組めばなんとかなるものですから、行き当たりばったりが日常化してしまいがち。でも、これが良くない習慣の始まりです。人間は、うまくいったことをパターンとして繰り返す生き物ですから、小さい頃にこの習慣がつくと、よくありません。この行き当たりばったりパターン…物事に謙虚に取り組めなくなります。

でも逆に、『ほぼ毎日練習』が習慣化すると、どんなことにおいても物事に謙虚に真剣に取り組めるようになります。


…と、頭では理解していても、どうしたらいいかわからない!
そこで、教室の生徒さんには、次のお稽古までにどれくらいの日にちがあるか、図で示し、毎日の練習に対してコメントを書ける『ピアノれんしゅう日記帳』を持って頂いています(小さい生徒さんにはお渡ししていません)。オリジナルで作ったものです。

台紙とリングは、それぞれが好きな色を選びます。(選んでいる時、生徒さんたち真剣です。台紙の上に何個か種類かリングを置いて、少し離れてそれを確認する、なんて子もいました!)
表紙に、素敵なイラストを描いたり、シールを貼っている生徒さんもいます♪世界で一つのピアノ日記帳です。

練習が出来なかった日は、『○○の用事でできませんでした。明日がんばるぞ!』と書かれていて、出来なかった理由も一目でわかります。

また、一週間の時間感覚を理解できるのは早くても小学校中学年ですから、このれんしゅう日帳の図は視覚で時間を理解でき効果があるようです。

この時間感覚は、ピアノだけでなく、学校の勉強面にも生かされるはずです。

今後は、このれんしゅう日記だけでなく、れんしゅうポイント集や曲の仕上げポイント集、などまとめたものをお渡しし、挟みこんで頂く予定です。
コーチングレッスンを受講の方には、コーチング要素の詰まった、より一層ゴールに向かいやすいアイディア集などもお渡しします。

楽しみにしていて下さいね!


♪yuko♭
…………



日々のお稽古より -
インフルエンザ対策




インフルエンザ予防、みなさんどうなさっていますか?


おそらく、ワクチンもいま出されている計画を見ても、
なかなか回ってきそうにありません・・・

とにかく、自分で予防するしかありません!

そうなると、手洗い・うがいが何より大切です。


教室には、たくさんの生徒さん、保護者さまが入られるので、教室が感染源にならないように、できることをしっかり取り組みたいと思います。

■写真は、
・ハンドタオルとダストボックス(一度使ったものは、ダストボックスに入れて、次の方は新しいものを使用します)

・手洗い・うがい・手指の消毒液


みなさんには、ご不便をおかけするかもしれませんが、何卒ご協力をお願い致します。


♪yuko♭
……………




日々のお稽古より -
ピアノ練習帳と出席表、そしてポイントシート
こんにちは。いいお天気ですねおてんき

今日は八十八夜。
立春から88日目なので、八十八夜といいます。茶摘み、種まき、霜の終わりの基準と言われているようです。

種まき…と言えば、教室の生徒さんもみんな、音の種まき(毎レッスンでの学習)を行い、毎日、お水(自宅練習)もしっかりあげていて、ぐんぐん成長が見られます。

水やり(自宅学習)も、ともすればマンネリ化・・その時間を楽しめるようにしたいと常々思っていました。約一年前くらいから、「ピアノれんしゅう日記」をつけはじめました。
そうして、生徒さんの取り組み具合や書き込み具合を見ながら、また意見を聞きながら、何度か改訂をして・・・
『Piano Practice Diary』
として、この度生まれ変わりましたおはな



では中身について少しご紹介。

オモテ面は、日々の練習状況を書き込みます。
書き込み方には、生徒さんによって様々です。
練習をしたら、スタンプを押したり、「正」の字を書き込んだり、シールを貼ったり、点数をつけたり…。

ウラ面は、保護者、指導者、生徒の3名でコミュニケーションを取るための書き込みスペースです。

私からは、お稽古中の様子を伝えたり、受け渡し物の内容、連絡事項を記入します。
生徒さんは、1週間の出来事、がんばったことや楽しかったこと、先生への質問、メッセージを記入します。
保護者の方からは、1週間の自宅練習の様子を伝えていただいたり、質問を書いていただいたり・・・

この練習帳を通じて、生徒さんと色んな会話をするようになりました。
学校での様子や、日々の楽しい出来事なんかも教えてくれます。みんなすごく会話をしてくれるようになりましたね!
生徒さんの本質的な部分が見えてとてもレッスンしやすいのです。


・・・実は教室を初めての一年間、小学生中学年以下の方のレッスン中は毎回、保護者の方に同伴していただいていました。みんなよく取り組んでいました。でも、みんな、いい子すぎるくらいいい子なんですよね。
いつも、よそ行きというか・・。

1年間経過して、私のしたいことは、なんなのか…と考えました。

単にピアノが器用に弾けるピアノ優等生を育てたいのではない・・。

生徒さん一人ひとりに寄り添って、それぞれのいいところを伸ばしてあげたい・・私が教えるのはピアノや音楽だけれど、その枠に留まらず、生徒さんそれぞれが持つ個性を生かして色んな可能性を広げてあげれたら・・と思う自分がいました。

そのためには、もっと生徒さん一人ひとりと会話をしないと!!と思うようになったのです。
そして、私と生徒さん、1対1でレッスン時間を過ごしたほうがいいのでは?と思うようになりました。

そうはいったものの、「ひとりでも集中できるかな・・」「伝えたことをきちんと理解できるかな・・」という心配も正直のところありました。

先生に相談をしました。ヨーロッパで研鑽を積まれた先生ですので、ヨーロッパの音楽教育事情もお詳しいので参考にさせていただこうと。
ヨーロッパでは、3歳児でも一人でレッスンを受けるとのこと・・一人で習得できるくらいの力がないと、音楽は出来ないという考えらしいです・・(もちろん例外もあると思いますが・・)。先生も、あまり同伴されていないとのお答えがありました。

なるほど。子供の力を信じよう!

・・ということで、一人でレッスン室に入ってもらうよう切り替えました。

信じてよかった!!

一人で受けていると自己責任力が高まるのでしょう・・よく話を聴くようになりました。そして、色んなお話をしてくれるようになって、とても明るい表情になりました。何より、一層ピアノに楽しく取り組んでくれる生徒さんが増えました。

ただ、保護者の方とのコミュニケーションが減った分の連絡の行き違いなどもあったり、「きちんと出来ているか心配・・」というご不安なお気持ちも聞きましたので、今年度は1〜2ヶ月に一度くらい同伴をしていただくことと致しました。
自宅練習のサポート役はやはりお母様ですから・・。3名でしっかりコミュニケーションを取って、気持ちよく快適に進んでいけるようにしたいと思います。
(教室生には、詳しくは「音の葉通信」にてご配布しますので、よろしくお願いいたします。)

また、レッスン出席表も毎年手作りですが、
今年度は、月ごとに目標達成をしていけるものになっています。

どんな目標でも構いません。月始めに、生徒自身がそれを決め、月終わりに達成するようにします。4月は、「もういちど発表会の曲を暗譜で弾く」や「ドリルを○○ページ進む」などでした。
さて、5月は何にしましょう。考えることも楽しい過程ですね。

そして、今年度は、「ポイントシート」をお渡ししました。
1曲きちんと仕上げる毎に1ポイント貯まります。コンクールやグレード、ステージ参加の場合は、少し多めにポイントが貯まります。

単に、ポイントを貯めていくだけでなく、その日にどれだけ◎をもらったのか親御さんにも生徒さんの進捗状況の確認として利用していただけます。
また、「ピアノ練習の歩み」として残していただけます。

皆、予想以上に張り切って取り組んでくれていますラッキー
ポイントをコツコツ一生懸命に貯めています。星
成果が目に見えてわかるので、楽しめるようです。

どうぞ、親御さんもポイントがたくさん貯まっているときは誉めてあげてくださいね!

それでは、今年度もどうぞよろしくお願いいたします。



yuko植物


日々のお稽古より -
お稽古つれづれ


今日のピアノのお稽古つれづれ話。

生徒のMくんが、折り紙で作ったサイコロ型の飾りものをプレゼントしてくれました。
手先が器用であやとりや折り紙が上手でとっても心優しく素直なMくん。
もちろん、ピアノも優しい音色で美しく演奏します。『○○のような音色にしてみて。』というと、それをすぐに表現するのが得意!指先に想いを伝えられる…ってとても素敵なことだと思うのです。ピアノの練習をすることだけがピアノの演奏ではありません。折り紙やあやとりのような子供らしい遊びからも学ぶことはたくさん。ゲームをずっとしている環境ではMくんのような指先にはならなかったでしょうね。

いつもかわいいプレゼントをありがとう!大切にしますね。

♪Yuko
…………



日々のお稽古より -
1/2PAGES >>


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.