奈良県生駒市(近鉄白庭台駅)にある『生涯学習開発財団認定コーチ』の資格を持つ指導者による個人ピアノ教室"はせピアノ音楽教室"のブログです。連絡事項のお知らせ、レッスン風景、想いを綴っています。


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
NewEntry
Category
Archives
Comment
Links
Profile
Recommend
Other
Mobile
qrcode
承認すること
生徒を承認する指導者でありたいと思います。生徒が、がんばったとき、結果に直接結び付かなくても、がんばりを見せているとき、素直にそれを認め、褒めてあげたいと思います。

実は私は、学習期にあまり褒められた記憶がありません。もちろん、がんばりが少なかったから、とも言えるかもしれません。だけれど、いつもどれだけがんばっても、先生からかけられる言葉には、ほめる、承認の言葉がありませんでした。
これが毎レッスン何年も続くとどうでしょう。私の演奏はどんどん萎縮していきました。

もちろん、指導者には、自分の枠の中で考える理想の、練習への取り組み方や演奏への追求があります。それに沿ってついてきてくれる生徒さんは問題ありませんが、様々な状況によってそこまでいけない生徒さんもいます。そこに自分の理想をあてはめて、いつまでも承認しないのは、その生徒さんにとって辛いこととなります。もちろん、そこに甘えや不真面目さが明らかに出ている場合は叱りますが、そうでない場合は、素直にそれを受け入れ、その生徒なりの進み方で、その生徒自身を承認しながら一緒に学んでいきたいと私は考えています。

生徒さんにはそれぞれの個性があります。その子なりのピアノとの向き合い方があるはずです。せっかくピアノを学ぶ機会を与えられたのだから、ピアノが心の支えとなり、自分自身を成長させ、可能性を広げる素敵なものになるための、練習の仕方、取り組み方、演奏方法を一緒に勉強していきたい、と思います。

自分が認められる、ほめられる言葉は残ります。

指導者の承認はもちろん、お母様方の承認がなにより子供たちを大きくさせます。レッスンもできるかぎり、一緒に見てあげてください。(時々のひとりで受けるレッスンも自分に責任を持つ、という意味で大事ですが)

『この子は大丈夫だろうか。ピアノに向いているだろうか』と心配せずに、ぜひ、あたたかい目で見守ってあげてくださいね。


       YuKo植物


コーチング comments(1)
comment
コーチとして「承認力」を磨く一方、クライアントさんや家族、友人の「受容力」の大きさに気づかされることもあります。

16日水曜日、このブログを書くゆうこ先生の気持ちの裏側に寄り添い、真摯に受け止めたいと思います。

気づきをありがとう。


青木理恵 | 2008/01/17 1:11 AM
send






(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.